受付時間:平日 9:00~17:0003-3753-1666

無料相談 / お見積り

TEL

CONTACT

金属加工品の海外調達と国内調達を徹底比較|メリット、デメリット

海外調達

特徴

  • 調達先としては、主に中国や東南アジアの国々が多い。
  • 大規模な生産能力を持つ工場が多く、コスト面での競争力が高い。
  • 多様な製品ラインアップや特定の技術を持つ企業が存在する。

 

メリット

  • コスト削減:労働力や原材料のコストが低い場合が多く、全体的な調達コストを抑えることができる。
  • 生産能力:大規模な工場で大量生産が可能なため、大量発注時に対応しやすい。
  • 技術力:特定の加工技術に特化した工場が多く、品質の高い製品が期待できる。

 

デメリット

  • 輸送コストと時間:国際輸送が必要となるため、輸送コストやリードタイムが長くなることがある。
  • コミュニケーションの課題:言語や文化の違いから生じるコミュニケーションの問題が発生することがある。
  • 品質管理:品質管理が難しく、リモートでの確認が必要になることがある。
  • 関税と規制:関税や輸入規制がかかる場合があり、コストや手続きが複雑になることがある。

 

国内調達

 

特徴

  • 調達先としては、国内の中小企業や大手企業が多い。
  • 高品質で信頼性の高い製品を提供する工場が多い。
  • 迅速なコミュニケーションと納品が可能。

 

メリット

  • 品質管理:品質管理が容易で、直接工場に訪問して確認することができる。
  • 迅速な対応:納期の短縮や迅速な対応が可能で、急な需要変動にも対応しやすい。
  • コミュニケーション:同じ言語・文化の中でスムーズなコミュニケーションが取れる。
  • 法的・規制対応:国内の法規制に精通しており、適切な対応が期待できる。

 

デメリット

  • コスト:労働力や原材料のコストが高いため、全体的な調達コストが高くなることがある。
  • 生産能力の限界:特定の加工技術や大量生産に対応できない場合がある。
  • 多様性の欠如:海外に比べて製品ラインアップが限定的な場合がある。

 

無料相談
受付中

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。

受付時間:平日 9:00~17:00

03-3753-1666

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

メールはこちらから