受付時間:平日 9:00~17:0003-3753-1666

無料相談 / お見積り

TEL

CONTACT

海外調達をする上でのメリット・デメリットとは?

海外調達をする上でのメリットとは?

 

①コスト削減が可能

海外調達をする上で、最大のメリットの一つであるのが、「コストの削減」です。日本はアジアの周辺諸国に比べると人件費や部品の調達にかかる費用が非常に高いので、お客様へ見積もりをする際には製造費にプラスαでの経費が非常に高いことが現状となっております。また、従来では人口が最大である点と積極的な技術輸入の点で中国が海外工場として選ばれていましたが、徐々に中国の人件費も高騰しているという面から、タイやベトナムなどの東アジア諸国へと進出が増えています。

 

②初期投資が少ない

金属加工品の海外調達においては、初期投資が少ないことも大きなメリットです。設備投資や人材の確保にかかる費用が抑えられるため、スムーズに生産を開始することができます。これにより、製品の市場投入が早まり、ビジネスの拡大が期待できます。

 

海外調達をする上でのデメリットとは?

 

①品質管理の問題

海外調達で特に注目されるのが品質の問題です。国が違うと商習慣や安全基準が大きく変わります。特に我が日本においては、品質管理において非常にデリケートな国とも言えます。その点、海外から調達する部品や商材に関しては、ワークのサイズに誤差がある場合や追加工が必要な場合もあるので、見積もりをする際には取引先と十分なコミュニケーションで未然に問題を防ぐことが重要となります。当社が実際にお取引をしている企業様においては、ISO9001認証を取得しており、そちらの基準に従った厳しい検査を実施しているため品質は国内生産レベルを満たしております。

 

②納期の遅延

国内と違い、海外調達では輸送時間がかかることがあります。国内では検査後の出荷に時間がかかることは少ないですが、海外ではインフラが整備されていない地域もあり、出荷までに時間がかかる場合があります。海外調達には生産、物流、通関など様々なプロセスがあり、日本のように厳密なスケジュール管理がされていないケースも多いため、注文した製品や原材料を納期通りに取得するには取引先の進捗状況を事前に把握することが重要です。当社では、お見積りの際に具体的なスケジューリングを行い、これらの納期確認をしています。

 

TECH-JOURNEYの海外調達について

 

部品加工を海外調達する際に「品質や精度は大丈夫か」「対応できる加工種類や表面処理方法に限りがあるのでは」「納品に時間がかかるのでは」「むしろコストがかかるのでは」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、TECH-JOURNEYでは、厳しい認定基準を満たした協力工場で生産を行い、長年かけて築いたネットワークを駆使して高品質を保ちながら圧倒的なコストダウンを実現しています。

 

安全に海外調達できる理由

 

信頼できる加工外注先を厳選

私たちは厳しい基準を満たした信頼できる加工外注先を選定しています。

 

ISO9001に準拠した現地視察

ISO9001に準拠した現地視察を行い、品質管理を徹底しています。

 

複数の大手メーカーとの取引実績

多くの大手メーカーとの取引実績があり、信頼性が証明されています。

 

国内で調達できるものは全て海外調達可能

国内で調達できる部品はすべて海外でも調達可能です。

 

設計・作図・装置製作まで対応

設計、作図、装置製作まで幅広く対応しています。

 

1個から1000個以上でも対応可能

少量から大量生産まで対応可能です。

 

国内外に特急調達・追加工体制を完備

国内外での特急調達・追加工体制を整備しています。

 

材質違いの計測や検査成績書の提出

材質違いの計測や検査成績書の提出にも対応しています。

 

部品の海外調達ならお任せください!

岐阜精器工業は、安全・安心のワンストップ海外調達を実現します。当社は、大手Tier1、装置メーカー、電気機器メーカーなど、上場企業との取引実績が豊富です。中国やベトナムを含むアジア圏において、20年以上の取引経験を持つ協力会社との深い信頼関係を基に、国内調達と変わらない製作精度と品質保証を実現しています。また、協力会社との密な連携により、短納期対応やコミュニケーション不足によるトラブルにも対応可能です。これにより、安心して海外部品調達が可能になります!

無料相談
受付中

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。

受付時間:平日 9:00~17:00

03-3753-1666

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

メールはこちらから