受付時間:平日 9:00~17:0003-3753-1666

無料相談 / お見積り

TEL

CONTACT

製品の特長

SKD11 マシニング加工品・硬質クロムメッキ

TECH-JORNEY
からの提案

材料調達から加工まで一貫して対応。

効果

中国広東省にて生産、コストダウンに成功。納期は約10日。

SKD11の特徴とメリット・デメリット

SKD11の特徴は、上述したように、高硬度と優れた耐摩耗性です。ただし、これらの特徴は、熱処理を加えることで現れるため、成形加工後に焼き入れ焼き戻しを行うのが一般的です。

SKD11を用いるメリット

・耐摩耗性に優れる

・熱処理後には、HRC58~63程度の高い硬度が得られる

・熱処理後の変形が小さく、精密な製品の材料に適す

・冷間金型の材料の中では、流通性が良く、入手しやすい

・冷間加工用であるものの、熱間強度が高く、500℃程度までなら使用に耐えうる

SKD11を用いるデメリット

・熱処理後の硬度が高く、被削性が悪い

・熱処理前も、硬度(焼きなまし硬さ)がHRC25(HBW255)程度と比較的高く、被削性が良いわけではない

・熱処理後には、金属組織に粗大な炭化物が分散して、高速の摺動摩耗に弱くなる

・粗大な炭化物の存在によって被削性がさらに低下する

・粗大な炭化物の存在によって靭性が低下し、亀裂や割れが生じやすくなる

・溶接時に割れが生じやすく、350〜450℃程度の予熱と後熱が必要

・焼き入れ温度が1030℃程度と高い

・焼き入れ温度と焼き戻し温度によって硬度が変化するため、熱処理時には、適切な温度管理を要する

硬質クロムメッキとは?

硬質クロムメッキとは、クロムメッキの1つで、クロム金属が1μm以上メッキされたものを言います。硬質クロムメッキのことをハードクロムメッキと呼ぶこともありますが、どちらも同じ意味になります。また、厚いメッキを施すことによって、硬度と耐摩耗性に優れているため、機械部品や金型など工業製品によく使われています。

無料相談
受付中

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。

受付時間:平日 9:00~17:00

03-3753-1666

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

メールはこちらから